「六点の絵?」

「はい、六点でした。早速拝見させていただきましたところ、なかなかの傑作でしてね。かなりの腕前の画家が描いたと評価させていただきました。青色の背景をバックに女性を描いた三点の絵には、十九世紀におけるファム・ファタルの雰囲気を色濃く感じましたし……」

「三点の肖像画ですか?」

「ええそうです。ラファエル前派を髣髴とさせる、深い神秘性を湛えた三点の肖像画でした。そのうちの二枚が見込み通り直ぐ売れたのです。ハッハッハ、ここまでは順調だったのですよ。サインこそありませんでしたが、こちらの方には1997と書き込まれていました」

「三点の肖像画のうち、二点がすぐ売れた? どのような方がお買い求めに?」

「アメリカ人でした。他にも数点買われましたが全部人物画です。そういう絵を探しているとおっしゃっていました。全て木製フレームを外してキャンバスだけにして、芯を入れて丸めて航空便でお送りいたしました。送り先は画廊さんですよ」

「アメリカのどこかおわかりになりますか?」

「ニューヨークです。ポルトガルは絵も安いですから、彼らはこうして時々買いあさりにくるのです。このときも、サインのないのが議論になりましてね、この風景画もお見せして、A・ハウエルさんと確認していただきました。ええ、名前を書き留めていました。A・ハウエルさんの名を表示するのでしょうね。でも、サインを入れない画家も結構おりますし」

A・ハウエルの絵が二点、半年前にニューヨークに渡ってしまった……。

宗像とエリザベスは顔を見合わせた。念のため、買い取ったニューヨークの画廊の名前と連絡先をメモしてもらうと、送付先にはロイヤル・マディソン・ギャラリーと記載されていた。

パスティーリョさんはファイルを棚にしまいながら、さらに話を続けた。

※本記事は、2020年8月刊行の書籍『緋色を背景にする女の肖像』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。