「えっ?」
「ここまでだ。……さぁ服を着て」
「なぜ?」
「君を抱けないよ」
「どうして?」
「ふるえてる」
「抱いてくれれば、きっとおさまるわ」
「どうかな?」
「処女が面倒くさいの?」
「ちがうよ」
「じゃぁ、なぜ? なぜ抱いてくれないの?」
「妹とセックスする奴なんてあるか。いい子だから、服を着て!」
「嫌よ! 私、決心したんだもの。貴方に最初に抱かれたいの!」
「前にも言ったけど、僕は女には不自由してない。だが、バージンを奪って捨てるほど、悪い男じゃないよ。僕は結婚はしない。君はいつか結婚する。今はする気がないと言っているが、いい男が見つかったら、すぐ結婚しろ。……君には幸せになって欲しい。だから、それまで、バージンは大事にとっておきなさい」

私は力をなくし、そばのベッドに裸のまま腰かけた。

「私……綺麗?」
「あぁ、僕は色んな国へも行ったが、君ほど美しい女性に会った事はないよ」
「私……四日後には三十になるわ。十年後には四十になって、どんどん歳をとって、ずっと綺麗ではいられないわ。……今、綺麗なら、今、本当に綺麗なら」

※本記事は、2019年6月刊行の書籍『愛』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。