幻冬舎ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

令和21130日号第182回
メルマガ(無料)はこちら
高見 純代

追憶の光

ISBN 9784344927988 判型 4-6 182ページ
追憶の光

どこまでも残酷に、どこまでも美しく。著者史上、最も鮮烈に描かれた純愛小説。ある日突然、愛する父と死別してしまう華道家の優子。ショックから精神を崩してしまった優子を診る医者の柚木。柚木の友人で、優子の相続手続きを助けてくれた弁護士の天地。偶然が引き寄せた3人が出逢うとき、運命が動き出す。時代の狭間に生きた男女が織りなす、とある愛の物語。

価格:1100円 +税

目次

  • 序章  月光
  • 第一章 出逢い~青い春~
  • 第二章 指輪
  • 第三章 再会
  • 終章  追憶の光

掲載記事