瑠璃のひかりラピスラズリの あをを深み 中津の沖を流れはじめたり

十二月
二十八日

 

たまきはる 冬の日の逝き、よどの面輪の 膚を刺せるあをきいろはも

十二月
二十八日

 

淀川。よ 雪降りきたる。中津の沖 鳥の黒き背に雪ふりにけり

十二月
二十八日

※本記事は、2019年10月刊行の書籍『淀川。よ』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。