1月17日(日)

この10日余り温暖な好天が続いている。この10日余りを、メモ風に綴っておく。

1月4日

昨日3日、サウジアラビアがイランとの国交を断絶した。

1月5日

私にとっての「仕事始め」A市へ行く。良子がお茶を点ててくれた。お得意先にお年始回り。この日、A市泊。1月6日社員に新年の朝礼をして、直ちに東京へ戻る。

東京事務所はこの20年、仕事始めの前日に良子と来て、我が家の花を生けた。花材は決まっていて、蝋梅、椿(あけぼの)、水仙である。

水盤は会社に置いてある。結構豪華なもので、蝋梅の香りが部屋に広がって、正月にふさわしい。それが今年は途切れた。

私は左側鼠径部に“ヘルニア”の発症を自覚した。右側は経験済みなのですぐそれと判断し、慌てることはなかった。三田病院へ連絡、22日の予約を取る。

北朝鮮、水爆実験の実施を声明。

1月7日

大阪へ向かう。途中京都で下り、南座で松竹新喜劇を観る。良い芝居であった。藤山扇治郎が懸命に演じている。久本雅美は快演。小島慶四郎は84歳というが、その張りのある声に感動した。

髙田次郎の柔らかさも味わい深い。渋谷天外はどっしりと受けとめて支える。寛美さんの黄金時代は特別な時代であったが、松竹新喜劇は嬉しいことに、着実に階段を上り始めたようである。

1月8日

大阪地区のお取引先へ年始回り。

1月9日

大阪神戸地区の仲間と「家族亭会議」11時30分~15時30分、4時間、随分呑んだ。帰りの特急券が私の日付勘違いで無効になった。再購入。

1月12日

良子のがん化学療法(XELOX)の第2クールが、延期になった。白血球の低下が基準を超えているらしい。1週間様子を見るという。

1月13日

A市で、「社員総会」「無事故無災害」並びに「永年勤続」の表彰と、新年会。宇都宮から新幹線で仙台へ向かう。仙台泊。

1月14日

「仙塩利府病院」にて、小林俊光先生の診察を受ける。結論として、「耳管狭窄症」でも「耳管開放症」でもないという。耳管は正常であるとのことである。内耳より奥の神経系の老化で、受け入れるより仕方ない(諦めなさい)、とのことである。

1月15日

台湾のイレーネ・チェンさんより、おいしい手作りの菓子が到着した。

1月16日

台湾総統選挙民進党の蔡英文氏が勝利。陳さんのご家族は大喜びしているであろう。

1月17日

阪神淡路大震災、21年

※本記事は、2019年3月刊行の書籍『良子という女』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。