第1章 前提としての「無常観」と「アニミズム」

第3節 アニミズム-生命と霊魂と神仏習合

無常観は「死」を連想させるが、一方、「精霊信仰」と訳されることの多い「アニミズム」、すなわち「自然界のあらゆる事物は、(中略)それぞれ固有の霊魂や精霊などの霊的存在を有するとみなし、諸現象はその意思や働きによるものと見なす信仰」(『広辞苑』)もまた、日本人の「死生観」の根底にある大きな要素として、これを二つ目に取り上げたい。

日本人の我々はアニミズムと言えば「木霊(こだま)」「言霊(ことだま)」を信じた万葉人、六条御息所の「生霊(いきりょう)」のために葵の上が死ぬ『源氏物語』、また、古くは『鳥獣戯画』を、新しくは『もののけ姫』のようなアニメ文化などを連想するかもしれないが、ここでは文化人類学の世界的権威として著名なフランス人のレヴィ・ストロースの発言から始めよう。

昭和63年に日本を訪れたレヴィ・ストロースは京都での講演で「日本は科学技術革新の先端を行く国でありながら、アニミズム的な考え方に対する敬意を失っていません。(中略)宇宙にあるすべてのものに霊性を認めることにより、アニミズム的思考は自然と超自然とを結びつけます。人間の世界と動植物の世界とを結びつけます。さらには物質と生命さえも結びつけるのです」(昭和
63年5月号『中央公論』)と述べた。

確かに世界のトヨタ自動車は豊興神社を祭っているし、建築物の起工時の地鎮祭はその土地の神に対する挨拶と鎮魂の儀式として依然廃れていない。船舶の進水時には「入魂式」を、解体時には「抜魂式」が行われる。「『器物百年にして精霊と化す』という
付喪神(つくもがみ)の伝統的な心性」
(註:高田衛「幽霊と妖怪」『江戸のアンダーワールド』平凡社 二〇〇〇年 所収。『器物
百年』云々は室町期の『付喪神記』の言葉という)に従って、「針」も「筆」も「そろばん」も「人形」も、日本人はそれらに一種の「霊性」を認めて「供養」してきた。まして生き物であればなおさらだ。獲って食べた鯨の魂のために「鯨供養碑」も建てた。

NHK放送文化研究所の月報『放送研究と調査』二〇〇九年5月号には、前年実施したISSP国際比較調査(宗教)の「国内」結果報告が載っているが、「昔の人は、山や川、井戸や『かまど』にいたるまで、多くのものに神の存在を感じたり、神をまつったりしてきましたが、あなたは、こうした気持ちが理解できますか」の問いに、「理解できる」が26%、「どちらかといえば、理解できる」が53%いた。

こうした心情をどう考えるべきか。古代日本人のアニミズムは、仏教導入を契機に「神祇信仰」と捉(とら)えられて後の「神道」成立につながり(高取正男『神道の成立』平凡社ライブラリー ⑨)、またその神祇信仰は仏教の中でもヒンズー教的多神論の性格が強い天台・真言密教と結びついて「神仏習合」をもたらし(湯浅泰雄「かたち」 岩波講座第16巻 『東洋思想 日本思想2』一九八九年 所収)、それが原則的には江戸時代終わりまで日本人の宗教的心情を形作ったという歴史伝統とおそらく関係がある。

山川草木の生命活動を精霊=「カミ(神)」の働きとして見るアニミズムの思考は、おそらく自然の恵み豊かな風土たるこの日本列島に古くから住んだ人々が抱いたものであろうが、後には仏教などと習合して山岳信仰や「草木国土悉皆成仏」(=「草木や国土のように心を有しないものさえも仏性を持っているので、ことごとくみな仏になる、という意」。前掲④)という思想も生んだ。

こうした思想は、キツネもヌエも桜もシテとなり、「そういうのが全部、霊をもっていて苦しむが、最後にはすべて救われる」ような内容の劇である「能」をも成立させた(五木寛之・梅原猛『仏の発見』平凡社 二〇一一年の梅原発言)。また死生観に限っても、後述する「虫けら論的死生観」も生んだし、江戸後期に始まる旧新宗教やスピリチュアルな死生観の「生命主義」的傾向や明治以降の日本人の「宇宙・自然回帰的死生観」を支えるものともなっていった、と考えられる。日本における唯物論的死生観については後に見るが、日本では徹底した機械論的唯物論に立脚し得なかったのもこれと関連するように思われる。

最後に、シャーマニズムとアニミズムの関係について補足しておきたい。

日本の巫女(みこ)やイタコ、沖縄のユタなどのシャーマンによる死者の霊魂との交流は、現代のスピリチュアルな新宗教の「チャネラー」も含めれば、今日まで続く長い伝統を持つ。そのシャーマニズムはアニミズムを基盤とする霊アニマがわが身に降りて何かを告知するのがシャーマンだと考えられ、天才的なシャーマンから多神教も一神教も生まれたとされる(岩田慶治『コスモスの思想』NHKブックス 昭和51年)。

そのシャーマニズムは、東アジア全体の場合、中国を中心に広まり、儒教文化の基盤ともなった。白川静や加地伸行によれば、「儒」とは「巫祝(ふしゅく)」すなわちシャーマンのことだった(加地伸行『儒教とは何か』中公新書 一九九〇年)。『魏志倭人伝』に記された、「鬼道」に事つかえたという古代日本の卑弥呼もシャーマンだったに違いない。「鬼」とは「死人の魂、神として祭られた霊魂」の意味だ。

※本記事は、2019年1月刊行の書籍『オールガイド 日本人と死生観』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。