幻冬舎ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

新妻 健

オールガイド 日本人と死生観

ISBN 9784344920842 判型 4-6 288ページ
オールガイド 日本人と死生観

人々は「死」について、どのように考え
受容し、受け継いできたのか。
日本人の多種多様な死生観は、仏教・神道・儒教・武士道・キリスト教・西洋自然科学・政治などとの関わりにより生まれたものである。近世から現代まで、200人以上の人物を俎上に載せ、時代とともに変わる「死」や「永生」への意識を分析・整理。日本人の意識の深層に迫る。

価格:1200円 +税

目次

  • 第1章 前提としての「無常観」と「アニミズム」
  • 第2章 仏教的死生観(1)――浄土教的死生観
  • 第3章 仏教的死生観(2)――法華経的死生観
  • 第4章 仏教的死生観(3)――輪廻転生的死生観
  • 第5章 仏教的死生観(4)――禅的死生観
  • 第6章 神道的死生観
  • 第7章 儒教的死生観
  • 第8章 武士道的死生観
  • 第9章 キリスト教的死生観
  • 第10章 諧謔的死生観
  • 第11章 唯物論的死生観
  • 第12章 宇宙・自然回帰的死生観
  • 第13章 殉国の死生観
  • 第14章 スピリチュアルな死生観
  • 第15章 価値継続願望の死生観
  • 第16章 多様な死生観の由来

掲載記事