目を覚ますと、夜明けがきたようだった。デスク上のデジタル時計に目をやると、6:00だった。武士が作ったメロディーが、心地よく体にしみこんでいる。なんだか嬉しくて、武士に早く会いたかった。窓の外では、小雨が降っている。

望風:おはよ

望風:学校いっしょいこ!

望風:奏多で待ってるねー

武士:雨降ってんぞー

武士:迎えに行くよ

望風:うん

望風:待ってるね

望風は、心弾ませながら、ふわふわのチュチュのついた水色のお気に入りのスリッパで、リビングへ駆け下りた。トーストのにおいがした。十人掛けのリビングテーブルには、四つのデニム地のランチョンマットが椅子ごとにおいてあった。スープ皿も用意してあった。

洗顔して、トイレに行って、部屋に戻って、制服に着替えた。鏡の前で、リップの色を少し悩んだ。朝食は、たっぷりの生クリーム、キウイ、バナナのサンドイッチとレタス、クリームチーズ、生ハムのサンドイッチが円くて平らな籠皿のペーパーナプキンの上においてあって、じゃがいものポタージュと、ヨーグルトをママが用意してくれた。 

「ママー、このサンドイッチ余分にある?」

「あるよー。どしたのー?」

「武士と学校行くのー。武士の分も持ってってあげよっかなー」

「詰めてあげるねー」

望風は、ママの可愛いところが大好きだった。嫌なことがあって帰ってきても、いっつもキュートな笑顔でおいしい料理をだしてくれる。望風は、その間に部屋に戻って、オレンジレッドのリップスティックを手に取った。グロスでふわふわに仕上がった唇で、望風は、窓の外を見た。黒くて大きな傘が玄関前で広がっている。武士に気づき、らせん階段を駆け下りた。ママが渡してくれた紙袋を持って、とびっきりの笑顔で、武士の腕にとび込んだ。 

※本記事は、2021年7月刊行の書籍『KANAU―叶う―』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。