萌え出でて緑眩い葉桜の 葉陰の下で命が憩う

ヤクルトの乳飲料の味を見る 甘く酸っぱい発酵の味

そよ風や春の女神の美を留め 晩春の時過ぎて行く哉

※本記事は、2012年12月刊行の書籍『歌集 星あかり』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。