ソニーの企業理念

ソニーの企業理念はその設立趣意書によく表わされている。

設立趣意書(企業理念)

【会社設立の目的】

一  真面目なる技術者の技能を、最高度に発揮せしむべき自由闊達にして愉快なる理想工場の建設

一  日本再建、文化向上に対する技術面、生産面よりの活発なる活動

一  戦時中、各方面に非常に進歩したる技術の国民生活内への即事応用

一  諸大学、研究所等の研究成果のうち、最も国民生活に応用価値を有する優秀なるものの迅速なる製品、商品化

一  無線通信機類の日常生活への浸透化、並びに家庭電化の促進

一  戦災通信網の復旧作業に対する積極的参加、並びに必要なる技の提供

一  新時代にふさわしき優秀ラヂオセットの製作・普及、並びにラヂオサービスの徹底化

一  国民科学知識の実際的啓蒙活動

【経営方針】

一  不当なる儲け主義を廃し、あくまで内容の充実、実質的な活動に重点を置き、いたずらに規模の大を追わず

一  経営規模としては、むしろ小なるを望み、大経営企業の大経営なるがために進み得ざる分野に、技術の進路と経営活動を期する

一  極力製品の選択に努め、技術上の困難はむしろこれを歓迎、量の多少に関せず最も社会的に利用度の高い高級技術製品を対象とす。また、単に電気、機械等の形式的分類は避け、その両者を統合せるがごとき、他社の追随を絶対許さざる境地に独自なる製品化を行う

一  技術界・業界に多くの知己(ちき)関係と、絶大なる信用を有するわが社の特長を最高度に活用。以て大資本に充分匹敵するに足る生産活動、販路の開拓、資材の獲得等を相互扶助的に行う

一  従来の下請工場を独立自主的経営の方向へ指導・育成し、相互扶助の陣営の拡大強化を図る

一  従業員は厳選されたる、かなり小員数をもって構成し、形式的職階制を避け、一切の秩序を実力本位、人格主義の上に置き個人の技能を最大限に発揮せしむ

一  会社の余剰利益は、適切なる方法をもって全従業員に配分、また生活安定の道も実質的面より充分考慮・援助し、会社の仕事すなわち自己の仕事の観念を徹底せしむ


「自由闊達にして愉快なる理想工場の建設」「いたずらに規模の大を追わず」とは戦後間もない創業の熱気あふれる息吹を感じ、いかにもソニーらしい今後の世界への飛躍を予感させるものである。ソニーはこうした経営理念のもと、実際に次のように実践し、大いなる成功を収めている。

差別化戦略、製品開発戦略、ベスト・プロダクツ

戦後に創業したソニーは、日本初のトランジスタラジオから始まり、トリニトロンカラーテレビやウォークマン、ハンディカムなどユニークな製品を次々と生み出した世界的総合電機メーカー。大手電機メーカーと比べると資金力がなかったため、あえて他社がやらない分野に手を付けて、差別化する戦略を取っていた。

結果的に、過去に類を見ないスピードで、様々な製品をヒットさせ、日本を代表する企業となってからも、その理念は継続されている。ソニーはニッチな市場に進出するのではなく、新しい市場を創出することで差別化を図った。

たとえば、ウォークマンでは音楽プレーヤーを持ち運び可能にし、いつでも音楽が聴けるようにした。当初は、録音機能のないプレーヤーは売れないといった指摘もあったが、実際には大ヒットとなった。あくまでも、ニッチな市場を狙うのであれば録音機能のない音楽プレーヤーは製品として成り立っていないのかもしれない。

しかし、新しい市場を創出するという視点で見れば録音機能がないというのは小さなことだったということだ。

また他の事例では、ベータマックスという新しいビデオ規格を作ったこともある。このときはVHSという規格に敗れたが、常に新しいものを開発するという姿勢を持っている。そして、こういったビジネスとして成功しなかった事例も、今のブルーレイレコーダなどの開発に繋がっていることもまたソニーの強みである。

市場開発戦略

ソニーというと、いち早く海外に事業展開していったメーカーの一つとしても有名である。1960年代、北米や欧州地域に進出し、それぞれの国に1つの現地法人をつくるという方針を固め、それにより地域に根付いたブランド訴求が可能となり、ソニーというブランド価値を世界に広めることに成功した。

そして、1970年には日本企業として初めてニューヨーク証券取引所で上場を果たした。特に、先見性の高さで評価されるのは、米国の現地生産をいち早く進めたこと。

まだ1USドル=360円で輸出企業にとっては有利な為替で、日本が輸出大国へと成長していた時代に、米国との貿易摩擦や為替相場の変化を予想し1970年代にいち早く米国でのカラーテレビ現地生産を実行した。

当初は、為替の影響で赤字だったが、徐々に貿易摩擦が表面化し、かつ為替も変動相場に移行し始めて、現地生産を開始する企業も出てきた。

他社が現地生産に乗り出す頃には、ソニーの現地工場は生産効率を高め、地域にも根付いており、高い競争力で他社を圧倒していった。このような海外市場への展開は、ソニーの成長を支えた要因の一つと言える。

※本記事は、2021年4月刊行の書籍『企業の持続的成長を目指して』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。