老いて 盲(めし)いて 夜は恩赦の 青葉木菟(あおばずく)

 

さらさらと 罪科が 見えて 父なる河

 

遠鐘や 近ずく 冬の 列島列車

※本記事は、2014年10月刊行の書籍『句集 曼珠沙華』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。