母消えて 晩夏 火となり 海となる

悲母にして 石積む 石の 命かな

遍歴の 母の 悲しみ 桜魚

※本記事は、2014年10月刊行の書籍『句集 曼珠沙華』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。