她の国 鬼灯ほおずき一つ 遙かなり

アセチレン 母が一輪 炎えている

 

四面楚歌 菊一輪へ 逢いに行く

※本記事は、2014年10月刊行の書籍『句集 曼珠沙華』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。