『掛け合い漫才小説』より、『シャドー・ボクシングの漫才』

松...最近、車で走ってると、車道を歩いてるとんでもないやつらが仰山おるんで参るわ。

竹...そりゃ、歩道がないからやろ。

松...違うわな、立派な歩道を差し置いて、車道を我が物顔で歩くから頭にくるんや。

竹...そりゃシャドー・ボクシングしとるんやな。間違いない!!

松...車道でするかいな!?

竹...歩道でやるかいな!?

松...歩道でやったら、ホドー・ボクシング!!

竹...んなもんあるかいボケ!! 補導しちゃうぞ。 

松...あちゃー。せめて逮捕して。大人だけに。 

竹...頭の中身は子供のくせして良く云うわい。

松...ほっとけ!!  しかし、シャドー・ボクシング云うたら、見えもしない相手をイメージしてボクシングするあれやな。

竹...ボクシングの練習の基本やな。

松...じゃ皆、見えない相手に備えてるんか!?

竹...いやいや。車は流石に見えるやろ、ふつう。

松...それが、どうも見えてないんやな。

竹...見えてないのか。

松...はたまた、そもそも、見てないか。

竹...スマホの画面以外はなんも見ませんってか。

松...そうそう、それやそれ。かつて、『下を向いて歩こう』って有名な歌がありました。

竹...あるかい!! んなもん。

松...えっ? 知らんの? 坂本十。

竹...一つ余計やろ。

松...坂本九やろ。知ってます。まかせなさい。

竹...わざと間違えんなボケ!!

松...バレたか。しかし、上を向いたところで、今の世の中、灰色の空しか見えませ ん。

竹...真っ暗闇でござんすね。

(続く)

※本記事は、2020年12月刊行の書籍『奇跡の軌跡』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。