声のぬしは大きく感じられ、フォールは自分がとても小さく感じられましたが、耳をそばだてていました。これまで、神がこんなふうに話しかけてこられたことは、一度もありませんでした。

至高のだって? うーん……神さまでなかったら、どうしよう? ただの夢だったら、どうしよう? 彼は恐るおそる尋ねてみました。

「あなたは本当に神さまですか? ぼくの神、愛の神さまですか?」

声のぬしは、面白そうに笑って答えました。

「何だって? フォール。お前はわたしを証明する写真が必要なのかい? わたしを信じていないのかい? 心からわたしを愛しているのではないのかね?」

フォールは圧倒され、しどろもどろになって言いました。

「そんな、そんな、ごめんなさい至高の神さま。えーと、えーと、ぼくはただ確かめたかっただけなのです」
「フォール、どれだけ確かめれば気がすむのかね? なぜ、そんなに不安なのか言ってごらん? いつも持っていた愛と信仰はどこへ行ったの? 自分を信じることができなくて、どうやってわたしを信じることができるのかね? 自分の感覚を信頼しないで、どうやってわたしを信頼できるのかね?」

※本記事は、2018年9月刊行の書籍『少年と天使たち 知恵が目覚め、 気づきの旅が始まる Foal and the Angels』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。