木挽けぬ木挽 父は 秩父の 深緑

 

瞑(めつむ)れど 雪 降り続く 父の霊

 

雪柳 父の 孤独も 闌(た)けしかな

※本記事は、2014年10月刊行の書籍『句集 曼珠沙華』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。