「それはそうと、木賊さん、夕飯はちゃんと食べましたか?」

「ええ、多分」

「多分?」

「忘年会に一時間だけ出席したので、お通しと焼き鳥を一本だけ食べて、後はウーロン茶を」

釣木沢の笑う顔を見ながら、

「この人、わたしより若いかもしれない」

と万里絵は思った。

「それでは夕飯とは言えないな。なんか、食べましょうか?」

「でも、今からの時間に食べるのはちょっと」

「確かに、その通りですね。健康上、良くないな」

美容上も良くはない。

「じゃ、送りましょう、お宅はどちらです?」

釣木沢の申し出は職務的で全くさりげなかった。

「いえいえ、大丈夫です。一人で帰れますから」

「とんでもない、これからの時間の若い女性の一人歩きは良くない」

万里絵は笑顔を返した。ここしばらく誰にも見せたことのないような、一気に開いた大輪の花のような笑みが、自然にこぼれた。

「今夜はこのホテルが我が家です。このホテルの三階に部屋を取っていました」

釣木沢が反応した顔を見るためだけにも、部屋を取って良かったと思った。

翌日、朝食を済ませてから室内プールの入口で待ち合わせをした。宿泊者には水着やスイミングキャップ、タオルが無料で貸し出しされる。その都度クリーニングしたものが借りられるし、次の日には別のものを選べるし、買って一枚きりになるよりお得な気がして、指導初日はペールブルーのシンプルなワンピースタイプを選んだ。

九時五分前に釣木沢は現れた。挨拶を交わしたが、なにか思いつめた表情で万里絵をしばらく見つめてから、意を決したように口を開いた。

「木賊さん、ちょっとお尋ねしますが」

言いにくいことを言うのだろう。泳ぎを教える話はなかったことに、そんなことを言い出す気がして、体も心も身構えた。

「わたしがあなたを泳ぎにお誘いしたことで、不愉快になったりする人はおられませんかね?」

【前回の記事を読む】【小説】結婚祝いの大宴会「無尽の幸福な日々が続くと思えた」

※本記事は、2022年4月刊行の書籍『わたしのSP』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。