日韓戦「冨安」流血肘打ちで、マナー守れと自国を非難

*驚いた! サッカーの試合、3対0で韓国が負けた試合も記憶にないが、気持ちは煮えくり返っていたであろうに、韓国人は自国の選手のラフプレーを非難した。こんなことが日本人に出来るだろうか。スポーツの持っている大きな可能性を感じる。そして韓国に対して大きく深いリスペクトを感じた日だった。

 

バイデン氏、日系人の収容を謝罪するって誰に言ってる?

(2021.2.20) 

*現在生きている日本人のほとんどが関わっていないこと。日系人が戦時中アメリカで収容されたことも知っている人はそう多くない。だから溜飲が下がるということもない。ただ、行き過ぎた行為として今頃謝罪した。ほとんどの人が当事者ではないから、謝罪されてもキョトンとしてしまう。そう、キョトンとしてしまうのだ。それほど時間も歴史も隔たっている。ただ、バイデン氏の発言が日韓双方の未来に良き影響をもたらすことがあるやも。

 

香港人「白い紙でも新聞買う」と隷従拒否に震え止まらず

    

*日本でも教科書などが黒塗りにされた時代もあったが、新聞が白紙になっても歴史は進むと信じたい。

※本記事は、2021年9月刊行の書籍『茜色の空』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。