梅桜うめさくら 躑躅つつじあとにのべにの花 咲く時告げる楽園区域

朝風あさかぜに 若草若葉 揺れている 思春期香り 朝陽に映える

温暖な そよ風草木くさき 渡り過ぎ 身体からだに沁みる 心地良さ哉

※本記事は、2015年12月刊行の書籍『歌集 漣の夢』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。