宵闇よいやみに巡るをしのぶ満月が 樹木の上に黄色く光る

命満つ自然の中に生かされて 愛の人へと変えられて来た

江南に朝陽あさひ照り付けジリジリと あっと言う間に夏日来る哉

※本記事は、2015年12月刊行の書籍『歌集 漣の夢』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。