ひとっ風呂浴びて繰り出す夜店かな

 

あじさいに添うて離れぬ雫あり

 

鬼百合や辞さぬ覚悟の恋の中

※本記事は、2007年5月刊行の書籍『句集 抱く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。