仕事をしていた

仕事をしていた私は

ゆったりとした心でかあさんに接することができずに

終わりを迎えてしまった

今 知ってる限りの かあさんを思い出すことが

そして

一言一言をかみしめることで

私の後悔の心が 静かになっていく

親から子へ 子から孫へ

老人から若い人へと

すべてはつながって行くことを

かあさんは 立ちどまらせ 教えてくれた

※本記事は、2020年11月刊行の書籍『もう一度かあさんの聲が聴きたい』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。