聞いたことのない伝説の巫女の話…

彼氏いない歴十七年の美依にとっては、恋愛など無用と考えていたからだ。でも、龍神湖の話の続きは聞きたかったから、次の日曜日に会う約束をしてもらった。十七歳の美依は胸をときめかしていた。それはまだ聞いたことのない伝説の巫女の話だから。

「福泉雪(ふくいずみゆき)」というその名前に聞き覚えがあった。美依の母の旧姓は福泉である。儀人は丁寧に龍神様と巫女「雪」の話を語り始めた。

神奈川県明神ケ岳のふもとの小さな村の話である。富士山の湧水が流れ込む小さな湖があった。その場所を眼下に望む小さな丘の上に祠(ほこら)が祀られており、万葉の頃から代々祠を管理する神職の一族がいた。神職は、「福泉」と名乗っていた。一人娘の「雪」が七歳になった頃、日課の勤めの帰りに、道端に傷を負った白狐(しろぎつね)の子がいた。

カラスにでも襲われたのか、その目は赤く恐怖に怯えていた。前足は傷から滲み出る血で染まっている。雪が手を差し伸べると、一歩、二歩退いたが雪に抱かれた。雪は急いで湧水で傷を洗ってあげた。自分の着ている着物の裾を破り傷口に巻いた。泉の効力か、いつの間にか傷は癒えていた。白狐は、雪の胸の中でひと時の眠りについていた。

雪と白狐は深い絆で結ばれた。十年の年月が流れた。

※本記事は、2020年12月刊行の書籍『眷属の姫』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。