立冬や自然は秋を巡れども
 暦の上で冬来る哉

 

父母信濃我道産子の生まれなり
 夫婦の幸に感謝有るのみ

 

塩鮭をしょっぱいと言う道産子ら
 しばれると言う雪晴れの朝

※本記事は、2012年12月刊行の書籍『歌集 星あかり』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。