人生は二度と無いので悔い無しと
 よく楽しんでよく学ぶ哉

 

する事とされる事とが相互して
 愛の交わりしたりされたり

 

見る度に命息衝く草木の
 生の讃美に生き心地する

※本記事は、2012年12月刊行の書籍『歌集 星あかり』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。