幻冬舎ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

令和528日号第982回
メルマガ(無料)はこちら
はるの ふみ

一陣の風

判型 電子書籍のみ
一陣の風

ある日届いた一通のメール。それはかつて淡い思いを抱いていた純一の離婚を告げるものだった――。
一陣の風に吹かれたように心揺さぶられ、私は二十年前の大学時代を追想する。新歓コンパの後、高校まではいつも教室の隅でひっそり過ごすばかりだった内気な私に、思いがけず声をかけてくれた純一。周囲の世界への壁を取り払い、人と交わる喜びや切なさを知る勇気を与えたそのときのひとことを、私は今、感謝とともにかみしめ、純一への手紙をしたためる。人生の様々な季節に吹く、様々な色の風に思いを馳せながら。

価格:1144円 +税

掲載記事