七月二十五日(月)

孝雄から朝に届いたメール。

〈出張先からそのまま会社に向かっています。気苦労をかけてすみません。何かあったらメールをお願いします〉

そして深夜になり、電車を乗り過ごしてしまったので、隣駅まで迎えにきてほしいと電話が入った。

帰宅後にチェックした、心菜さんと孝雄のメールのやりとり。

〈今日はありがと♥ずっと一緒で嬉しかった♥大好き♥たー♥〉

〈乗り過ごした。タクシーで帰る。おやすみ♥〉

(――私は、タクシーか……!)

そして翌日には、こんなやりとりも。

〈おはよお~♥昨日はありがとう楽しかった♥少し二日酔い。行ってきまーす♥〉

〈後で振り込むから安心して〉

少し時間を置いて、

〈七千円振り込んだよ〉

って……。

「じしん」って
かんがえるほど……
のりきれる?
やりきれる?
だれのため?
できるかな?
ほんとに
ほんとに
できるかな?

「じぶん」って
なんだろう
ほんとに
ほんとに
なんだろう

おかしいこと
まちがっていること
ガマンする
それでほんとに
いいのかな

じぶんのきもち
うったえること
きいてみること
だいじだよ
ほんとのじぶん……
たしかめてみる
そのこうどう

※本記事は、2021年4月刊行の書籍『夫 失格』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。