解説

これまで説明してきた開発は、基本設計、詳細設計、実装、システムテスト、ユーザー受入テスト、移行という手順で開発する方法で、ウォーターフォール型開発(従来型開発)と言います。

 

解説

システムの開発部門と利用部門、ビジネス部門が一体となったコミュニケーションを随時行える体制で開発します。

 
※本記事は、2021年5月刊行の書籍『情報システム超入門』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。