紫陽花を擦り抜けてゆく法事客

風花や貨物列車の軋む音

呆気なく野仏過ぐる野焼の火

※本記事は、2021年1月刊行の書籍『句集 八ヶ岳南麓』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。