軋みつつ木曽ゆく列車竹の秋

丹念に株から株へ梅雨の蝶

 

電柱が畑の境枯律

※本記事は、2021年1月刊行の書籍『句集 八ヶ岳南麓』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。