【バイク】

兄の成人式の日のことである。言い方が悪いが格好つけで有名な友達がやはり格好つけてバイクで皆の前に登場した。ブンブン、アクセルを吹かせて皆の前を一通り回った後、走り去って行った。

しかし、皆が見えなくなるほど走り去って行くまで、バイクのウインカーが点きっぱなしになっていたことに本人は気づいていまい。

【風俗】

18歳くらいの時、会社の先輩に連れられて初めて風俗へ行った。待合室で待っていると先輩が呼ばれ、次に私が呼ばれた。部屋に入るとおばあさんに近いパーマをかけたおばさんがいた。おばさんはこう言った。おばさん「可愛いわね。遠慮しなくていいのよ。おいで……」

誰が行くかぁ!!

※本記事は、2020年10月刊行の書籍『ソートの人生 喜びも怒りも、悲しみさえも、笑え』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。