避暑に来て君への手紙出さぬまま

 

梅雨晴れや自分の飯がうまく炊け

 

夏の雨活字悲しく膨らみて

※本記事は、2007年5月刊行の書籍『句集 抱く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。