プリン騒動

ある晩のことだった。三人で、夕食のしたくをしていた。この三人と言うのは、舅(しゅうと)・姑(しゅうとめ)・嫁すなわち、私の事である。台所は女の神聖な場所と考えられているのではないか。しかし、この家では、舅が当たり前のように立つことが多い。自分が調理したものは自慢をするが、人の作った料理は決して、美味しいとは言わない。逆に貶す事に喜びを感じるタイプである。

 

野菜の切り方から、味つけまでを一つ一つ指摘する。言う方は何ともないのだろうが、毎日言われる方にとっては苦痛でしかなかった。

今年から、三歳三年保育で入園した子供たちが二人揃って台所に入ってきた。

「ママ、プリン作って」
「はい。今作るから待っててね」

私は、冷蔵庫を開けてプリンがあるか確かめた。期待通りにはいかず、ちょうどきらしていた事を少しだけ残念に思ったがすぐに、プリンの箱を、棚から取り出した。

鍋に牛乳とプリンの素を混ぜ合わせながら、火にかけた。溶けて沸騰したらさらに弱火で一分たってから火を止め、型に流し込んだ。次に、カラメルソースを作って、冷蔵庫で冷やして待つだけだった。甘い匂いが、台所の空気全部を包み込んだ。子供に限らず、大人までも魅了するスイーツ。嫌いな人を探すのが難しいと思った。

しかし、そんな甘い話など通用しない人たちがいた。
私の眼の前に。

「何やってんだ。晩御飯時に!」
いきなり、舅が怒鳴った。

「子供たちが、プリン食べたいって言うから、作っているんです」
すぐに私も言い返した。

子供を優先に考えるのは親として当然のこと。何も言われる筋合いではない。夕食のしたくも同時進行している。
舅は、さらに怒った口調と顔面で言ってきた。

「そんなプリンなんか作ってないで、早くメシのしたくしろ!」
「作っています」
「いちいち口答えするな! はいと言えばいいんだ!」

舅の大音量の怒鳴り声は、耳の中を突き抜けていき、何も留まらなかった。
目くじらを立て、人の着ぐるみを纏(まと)った悪魔が、生肉を切っていた。
もしかしたら、調理せずに生のまま喰(く)い千切(ちぎ)るのかと想像した。何とあさましい光景だろう。一瞬、背筋に冷たいものが走った。

さらに、姑が大きな目と口を開いてこちらに向かって怒鳴った。
「じぃちゃんに向かって何言ってんだい!」

人間とは、理性を剥がすと獣になるのだと感じた。まさしく私の至近距離にいるのは二人と呼べる物体ではなかった。

一方では冷静に客観視しながら、もう一方では体内の血が逆流するごとく、怒りで煮え滾っている。これほどまで怒りを感じたのは、記憶になかった。言葉の暴力が鉛となって心臓を突き抜けた。私の体内で血が流れた。恐れる物などなにもなかった。攻撃を受けたなら、当然反撃する。言い換えると正当防衛である。

「子供たちが、プリンを食べたいと言うので、作って冷やさないと美味しくないので。作らせて頂きます」
「何ぃ‼ そんなもん、メシが先だ!」
「俺に歯向かう奴は、今すぐこの家から出て行けぇ!」

目の前にいる物体は、明らかに敵であった。全身で拒絶を感じた。もう、後には引けないと覚悟を決めた。