なんともにわかには受け入れがたい病名を(まのあたり)にして、勝手に手術が頭をよぎったのには訳がある。高校は同級生の数年来のコンペのプレイあとのパーティーで、優勝者の挨拶があった。一泊二日の手術で狭窄症(きょうさくしょう)完治(かんち)して、ゴルフが普通にできると。あわせて百万円超の自己負担費用をさりげなく吹聴(ふいちょう)し、しかしその効果を素直に大いに喜んで、ハンディがシングルにもなると(もっと)もな実感(じっかん)なんだろう。

たしかに聞かなければ、いや、聞かされても全くの(けん)常者(じょうしゃ)だった。それを思い出した。それならば、会社(かいしゃ)解散(かいさん)全額(ぜんがく)支出(ししゅつ)覚悟(かくご)していた、なけなしの蓄財(ちくざい)の一部を(あて)がおうと。ところが、同居する理学(りがく)療法士(りょうほうし)の長男に反対されて、理由をたださないまま()えなく断念(だんねん)した。

その息子が大学生だったからもう二十七、八年前になる。(とき)を経る我がことに(いま)(さら)のように感じ()るが、当時それが本領(ほんりょう)残業(ざんぎょう)休出(きゅうしゅつ)連続(れんぞく)で、()()に右手が肩から(うえ)()がらなくなった。ここではほとんどが肉体労働だったからだ。

たまたま正月休みに戻った医療(いりょう)短大(たんだい)二年の息子は、ここが三頭筋(さんとうきん)、ここからここに何々筋(なになにきん)(わす)れてしまったが、どうのこうのといいながら、多分(たぶん)実習(じっしゅう)()ねて、一時間を超えて上半身をもみほぐしてくれた。その場で右手は、右肩は元に戻った。以来(いらい)現代(げんだい)医学(いがく)感慨(かんがい)し、息子を尊敬(そんけい)することにした。

ただし息子の場合、その技能(ぎのう)にかぎり独身(どくしん)時代(じだい)のそれで、妻子(さいし)(もう)けたあとのことは別としておく。(しゅうと)根性(こんじょう)かもしれないが“親の心の(やみ)※4としておこう。

 

※4:『後撰(ごせん)和歌集(わかしゅう)』、“人の親の心は闇にあらねども子を思ふ道にまどひぬるかな”藤原兼(ふじわらのかね)輔(すけ)

※本記事は、2022年1月刊行の書籍『れひはのけんし』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。