幻冬舎ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

令和4107日号第858回
メルマガ(無料)はこちら
夏緒 冬弦

百合墓荒らし

ISBN 9784344942042 判型 4-6 186ページ
百合墓荒らし

【新人作家衝撃のデビュー作!】
【装画はイラストレーターめばち氏描き下し】

「好きだっ……よ。骨だけになっても」

七年前の、ある夏の日。
少女たちが胸に秘めた純粋な想いは、
残酷なほどに美しく、時間を止めた――。

紗世子とゆたかは、小学生の頃から、毎日互いの家を行き来する幼馴染だった。
男のような名前のゆたかを、紗世子だけは「ゆかちゃん」と呼ぶ。
初めて出会った瞬間に抱いた想いを、それぞれの胸に秘めたまま、10年の時が流れた。
高校生になったある日、紗世子は好きな「女の人」がいることをゆたかに告白し、付き合い始める。
苦しみに耐えながら友達を続けるゆたかだが、それこそがまさに、紗世子が本当に望んだものだった――。
膨らみ続けた純粋な想いは、むせ返る百合の香りのように強く、

二人の少女を縛り付け、美しすぎる悲劇となる。

価格: 1650円 +税

掲載記事