幻冬舎ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

令和4928日号第849回
メルマガ(無料)はこちら
橋本 みい子

片羽の鳥

ISBN 9784344924376 判型 4-6 130ページ
片羽の鳥

二人の出会いは、和歌山県・白崎海岸。短歌を愛し、三十一文字を心で追いながら海沿いの道を歩く美子(みこ)の目に、一心不乱に絵を描く青年、博(ひろし)の姿が映る。美子が22歳になったばかりの晩夏のことだった。歌と絵に結ばれた二人であったが、美子には辛い未来が待ち構えていた――。和歌山の美しい自然に思いを寄せ、悲しみをも包み込む、繊細で豊かな詩情溢れる短歌に彩られた小説。

価格:1100円 +税

目次

  • 海の絵/この街に/再起/浜木綿/戻り道/守護神/終章

掲載記事