幻冬舎ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

令和4928日号第849回
メルマガ(無料)はこちら
大津 珠実

ぼくのカレーライス

ぼくのカレーライス

あたたかくてちょっと不思議。ほんの少し、見逃してしまうくらいの小さく不思議な力が、日常の中に小さな 非日常を作り出す。
”ひきこもり”の「ぼく」と、変わらない家族のあたたかな食卓を描いた表題作『ぼくのカレーライス』のほか 2作を収録した、周りの人を大切にしたくなる小さな3つの物語。

価格:1100円 +税

目次

  • ぼくのカレーライス
  • 雲と少年
  • ココロ売ってます

掲載記事