幻冬舎ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

令和4525日号第723回
メルマガ(無料)はこちら
二本松 海奈

残念ながら俺は噓つきだよ

ISBN 9784344936553 判型 4-6 184ページ
残念ながら俺は噓つきだよ

生き抜くために生きること、何か目的を達成するために生きること、それは全然違う人生である。どちらが充実した生き方なのか、立ち止まって考えても状況は変わらない。
時代が悪いのか、他力本願な生き方が悪いのか、それともそこまでしか頑張れない自分が悪いのか。もはや答えはどれでも良い。ここにあるのは、捨てられても燃えている生命だ。
夢を追い掛け、恋に溺れ、時代に翻弄されながらも、非日常な出来事に背中を押されて生きようとする人々――。
暗闇のなかで芽生える希望を描く、珠玉の短編集。

価格:1430円 +税

目次

  • 残念ながら俺は嘘つきだよ
  • お菓子の家の魔女
  • 生きることは他力本願あるいは自力は限界
  • ハルさん
  • 現ペン神
  • 今夜も愛に辿り着かない