幻冬舎ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

令和4103日号第854回
メルマガ(無料)はこちら
根本 幸江

若葉台団地

ISBN 9784344920101 判型 4-6 190ページ
 若葉台団地

三十数年住み、住民に向けた「わかば通信」を7年間、取材・編集してきた著者によるエッセイ。
かつては楽園と称されたマンモス団地・若葉台団地。
現在の住民の高齢化率は約47.8%であるが要介護認定率が12.2%ときわめて低く、
その住民の生活は注目を浴びている。
団地とともに歩んできた著者と家族、隣人の生活に、
「若葉台の住民は生涯現役」といわれる健康寿命を延ばすヒントが見いだせる。

価格:1100円 +税

目次

  • 第1章 若葉台に越してきた頃
  • 第2章 子どもたちが学校に通い、団地がにぎわっていた頃
  • 第3章 「わかば通信」を始めた頃
  • 第4章 若葉台が高齢化してきた頃の出来事
  • 第5章 団地活性化への取り組み、取材、エピソードを住民の方に伺う
  • 第6章 二宮団地と比べてみた
  • 第7章 これからの若葉台について思うこと

掲載記事