幻冬舎ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

令和471日号第760回
メルマガ(無料)はこちら
本田 幸雄

人類はこうして核兵器を廃絶できる

ISBN 9784344936485 判型 新書 298ページ
人類はこうして核兵器を廃絶できる

現在、核保有国は9か国にのぼるといわれ、核戦争の勃発が危惧されている。
日本に甚大な被害をもたらした原爆から、第二次世界大戦後の開発競争まで、人類の核兵器にまつわる歴史をひも解きながら、廃絶へ向けたシナリオを論じる。
世界平和の実現に向けて、新時代の在り方を提唱する一冊。

価格:990円 +税

目次

  • はじめに
  • 第一章 原爆(核兵器)の開発
  • 《一》二〇世紀の新科学(量子論、相対論)から核分裂まで
  • 《二》アメリカの原爆開発「マンハッタン計画」
  • 《三》ドイツの原爆開発の状況
  • 《四》日本への原爆投下
  • 第二章 第二次世界大戦後の核兵器開発競争
  • 《一》米ソの核開発とキューバ危機
  • 《二》米ソの核ミサイル開発競争
  • 《三》英・仏・中・イスラエル・インドの核開発
  • 《四》冷戦後に新たに核兵器を保有した国
  • 《五》冷戦後の米ロ中三つ巴の核戦略
  • 第三章 核兵器廃絶か、人類の滅亡か
  • 《一》核兵器廃絶への努力
  • 《二》核廃絶は覇権国家アメリカの時代にしかできない
  • 《三》人類はこうして核兵器を廃絶できる
  • おわりに

掲載記事