幻冬舎ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

令和3117日号第595回
メルマガ(無料)はこちら
丹波 燐

二つの墓標

ISBN 9784344933132 判型 4-6 104ページ
二つの墓標

1946年、島根県益⽥市。
異国の海⾵に誘われるように⽇本に降り⽴った元兵⼠の韓国⼈・郭昌宇。
⾒知らぬ⼟地で出会ったのは、目の不自由な老婆“キク”と、⾔葉を知らぬあどけない少年“武”だった。
そんな彼らを⾒かねた郭は、帰国の準備を兼ねて二年半の時間を共にする。
郭の世話のかいあって、キクの目は治り、武も言葉が話せるようになっていった。
そして郭は、いつしか本当の父子のような関係になっていた武を残して、祖国へ帰っていく。
朝鮮半島では南北の対立が激化、戦争の足音がすぐそばまで迫っていた。
武は⾃分を助けてくれた“郭父さん”を求め、故郷を、そして⽇本を⾶び出していく。
出て朝鮮半島に駆け付けた武が⾒つけたものとは――。

価格:1200円 +税

目次

  • 【目次】
  • 第一章 新しい家族
  • 第二章 新世界へ
  • 第三章 もう一つの国
  • 第四章 若き兵士
  • 第五章 決断
  • 第六章 愛しき日々

掲載記事