幻冬舎ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

令和31025日号第511回
メルマガ(無料)はこちら
槇 祐治

情報化・電動化・知能化のリスクマネジメント

ISBN 9784344933552 判型 新書 204ページ
情報化・電動化・知能化のリスクマネジメント

21世紀の先端技術開発は、2020年までの情報化フェーズを経て、エネルギーを大量消費してきた情報化の段階とは異なる、省エネを伴うモノの電動化フェーズ、そしてヒトとマシンが共存するための知能化フェーズへと発展することが想定される。
こうした社会変革の中に現れるリスク、そして対応法とは?
"抗えない時代"の中で自らの生活を守るためにすべきことを著者が提言。

価格:800円 +税

目次

  • 【目次】
  • 序 情報化・電動化・知能化の発展段階
  • 第一章 情報化がもたらすフラグメンテーション(断片化)
  • 第二章 電動化が直面するオートノミー
  • 第三章 知能化とヒューマンマシン・インターフェース
  • 第四章 リスクマネジメントにおけるクロスドメイン(領域横断)戦略の要諦
  • 第五章 社会信用システムと都市OS(Operating System)の衝撃

掲載記事