幻冬舎ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

令和3724日号第418回
メルマガ(無料)はこちら
熊谷 章文

空模様

ISBN 9784344929838 判型 4-6 192ページ
空模様

ふるさとの村が潰れる。
生まれ育った村は、自治体ぐるみの汚濁にまみれた。
多くの関係者を巻き込んで複雑に絡み合う、数々の不正を調べ上げた著者が数十年におよぶ苦闘を記す。
「私はきれいな人間ではない。時折、戒めの言葉としてそう繰り返す。だが、為すべきを成し、正すべきは正したい。未曾有の行政犯罪はどのようにして起こったのかを伝え、読者と共有したいという思いから、本書を綴ることにした」(「まえがき」より)

価格:1200円 +税

目次

  • 第一章 古代の道・暗躍―― 史跡の里に垂れ込める暗雲
  • 第二章 苦悩・自首・提訴―― 官製談合の証拠と捨て身の裁判
  • 第三章 発端・不正の連鎖―― 喉元に突きつけた公開質問状
  • 第四章 分裂・烏合・隠蔽―― 国をも欺く悪の手練手管

掲載記事