幻冬舎ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

令和3615日号第379回
メルマガ(無料)はこちら
土本 浩太郎

踏み潰された、菜の花畑

ISBN 9784344933040 判型 4-6 112ページ
踏み潰された、菜の花畑

男はその出会いを運命だと感じた。
女は、彼を好きになることは“損”だと考えた――
引かれ合いながらも傷つけ合ってしまう男女の恋の行方。
「きっと君はいつか思うよ。彼女の記憶の片隅に自分がいられたことがしあわせだったって。それは君の生きた証。切ない人生なのかもしれないけれど、そのなかで彼女という存在に出会えたのは奇跡なんだ。」(本文より)
夢に描いていた“菜の花色のしあわせ”。それを叶えたいと思う相手と出会ったとき、運命の時計の針が動き出す。すれ違う想いに切なさが募るラブストーリー。

価格:1000円 +税

目次

  • 【目次】
  • 前編
  • 後編
  • 旅の終わり

掲載記事