幻冬舎ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

令和2123日号第185回
メルマガ(無料)はこちら
熊谷 雅之

教師は学校をあきらめない! 子どもたちを幸せにする教育哲学

154ページ
教師は学校をあきらめない! 子どもたちを幸せにする教育哲学

「公立は『オワコン』だ」なんて言わせない! 最前線の教師が語る、社会が目指すべき学校教育とは?
「海外に比べて日本はだめ」「教師の仕事はブラックだ」「また教員の不祥事か」教育現場にはびこる不信、あきらめ、無関心。そして現場の意見にかかわらず行われる制度改革――。
しかしそこに子どもがいる以上、いかに状況が厳しくても、仕組みや制度が整っていなくても、教師が教育をあきらめるわけにはいかない。日本の未来のため、子どもたちの幸せのため。
現場の教師が教育に関わるすべての人へ贈る、熱意あふれる教育哲学。

価格:900円 +税

目次

  • 第一章 執筆の動機と教育哲学が必要だと思った理由
  • 第二章 教育の目的は子どもの幸せ
  • 第三章 子どもを幸せにする教師とは
  • 第四章 実際の教育活動の中で輝く「教育哲学」

掲載記事