幻冬舎ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

令和2126日号第188回
メルマガ(無料)はこちら
堀田 冀陸

花を、慕う

ISBN 9784344919846 判型 4-6 380ページ
花を、慕う

宮廷に召しかかえられることを夢見て、非公式の宦官「黒戸」となって潜り込んだ王暢。しかし、彼を待ち受けていたのは、給金も出ず侮蔑されるだけの屈辱的な日々だった。そんな中で偶然、人身売買に誘拐された踊り子曹洛瑩を助け出す。彼女がいずれ後宮に入る運命とも知らず、王暢は歴史の渦に巻き込まれていく。壮大な中国歴史ロマン。

価格:1600円 +税

目次

  • 序 ─嘉靖九年、われ自宮(じきゅう)し、黒戸(ヘイフー)の宦官となるの事
  • 壱 ─嘉靖十年、漁(イー)覇(パー)翁(ウェン)のもとに投じ、初めて曹洛瑩(ツァオルオイン)にまみえるの事
  • 弐 ─嘉靖十三年、張(チャン)皇后廃され、翌十四年、曹洛瑩(ツァオルオイン)後宮に入るの事
  • 参 ─嘉靖十五年、宮中へ転属となり、嘉靖帝廃佛(はいぶつ)の詔を発するの事
  • 肆─嘉靖十八年、帝南巡中の顚(てん)末(まつ)並びに、 翌十九年、王寧嬪(ワンネイヒン)の歓心をうばうの事
  • 伍 ─嘉靖二十年、張(チャン)太后崩御なされ、翌二十一年、炎天に日蝕作(おこ)るの事
  • 畢(おわる)の章

掲載記事