森 毅

泣いてチャップリン

ISBN 9784344922396 判型 4 - 6 338ページ
泣いてチャップリン

五・一五事件の暗殺計画は、いかにして立てられたのか…。 近代化を急ぐ“大日本帝国”内で交錯する、それぞれの思惑。 喜劇王チャップリンの暗殺は、世界における日本の位置づけを変える“得がたきチャンス“となり得るのか。 戦前に起きた前代未聞のテロ、五・一五事件の一部始終を鮮明に描く。

価格:1200円 +税

目次

  • 一章
  • 二章
  • 終章

掲載記事

著者紹介

森 毅

森 毅

幼少期に、家にあった豪華な装丁の絵本を読んだことで「日本史」に興味を持つ。 二十歳のころ、入院中に中里介山の「大菩薩峠」を読んだことで、いわゆる剣豪物、股旅物、捕り物帖なども読むようになる。 三十歳をすぎたころには ゲーリー・クーパーやジョン・ウェイン主演の映画をイメージした「西部劇」を書き上げ「オール読物」の新人賞に応募。二次審査を通過する。 それからおよそ四十年。そろそろ年貢の納めどきとの思いと、これまでの読書で得た知識を活かしたいとの思いから、かねてより興味があった「五・一五事件」とチャップリンの暗殺計画をテーマに「泣いてチャップリン」(幻冬舎)を執筆。