幻冬舎ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

令和3927日号第483回
メルマガ(無料)はこちら

認定NPO法人市民後見センターさいたま理事長・中田均 

認定NPO法人市民後見センターさいたま理事長・中田均

■著者紹介
認定NPO法人市民後見センターさいたま理事長 中田均(なかだひとし)
2009年3月東京大学・筑波大学が文部科学省「社会人の学び直し」の委託事業として市民後見人養成プロジェクトを開始。
2010年7月にさいたま市民後見センター設立準備委員会がスタート。2011年4月1日NPO設立。
2012年2月25日浦和のさいたま共済会館で「地域で安心して暮らすために」「ご存知ですか?成年後見制度と市民後見人」の講演会を開催し、300名の参加者で大盛況を収めた。 その後、認定NPO法人市民後見センターさいたまとして自立化してゆく。

●活動内容
成年後見制度とは認知症、知的障害、精神障害などによって物事を判断できない方について、本人の権利を守る援護者を選ぶことで、本人を法律的に保護し、支援するための制度。
認定NPO法人市民後見センターさいたまは、成年後見制度を中心にして地域と連携した市民感覚で幅広い支援活動を展開している。

掲載記事

書籍