幻冬舎ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

令和3121日号第234回
メルマガ(無料)はこちら

ゴラン・スクローボニャ 

ゴラン・スクローボニャ

1962 年ベオグラード(当時は旧ユーゴスラビア)生まれ。ベオグラード法科大学卒業。
1987 年、「天からの贈り物」でデビュー以来、現代セルビア文学におけるホラー、SF のジャンルの旗手として活躍している。
「テスラを殺した男」(2010)の姉妹作として2013 年に「私たちはみんなテスラの子供」を上梓。10 作を超える作品が英訳されて国外で紹介されている。
2015 年には、村上龍「昭和歌謡大全集」を英語版から翻訳してセルビア語版(題名:Karaoke Strave)を出版した。

掲載記事

書籍

私たちはみんなテスラの子供 前編

私たちはみんなテスラの子供 前編

ゴラン・スクローボニャ 著 夏井 徹明 訳者 髙橋 ブランカ 訳者 出版社名:幻冬舎
マックス・プランクの偶然の発見――全宇宙の運命を変えるかも知れない発見――を説明できるのは、ニコラ・テスラだけだ。
一九一九年にプランクは、テスラと共にこの発見の核心に迫るためにベオグラードにやって来た。
バチカンが送り込んだ暗殺者、強大な力を持つ闇組織、極東から来た極道……といった連中が、プランクをテスラと会う前に暗殺しようと狙っていた。
セルビアの秘密警察の長、アピス大佐はあらゆる手段を講じてプランクの生命を守る。国家の名誉が、現代科学全体の将来がかかっている。
危険を取り除き、プランク・テスラ会談を断固として実現させることができるのは、美しき女スパイ、アンカ・ツキチだけである。
「ゴラン・スクローボニャ氏は、セルビア文学界においては、押しも押されぬ「大御所」であり、同国内では、村上龍氏の『昭和歌謡大全集』を翻訳し、広く知らしめた。
しかしながら、スクローボニャ氏の最大の武器である、そのずば抜けた筆力と構想力は、残念ながら、日本ではまだ知られていなかった。――今日、本作が出版される以前には」
(訳者・夏井徹明氏)