「あの、今管理人さんが持ってる方でいいので、安く売ってくれないですか?」

「私のものだよ。人の使っている携帯を売ってくださいってのは、かなり図々しい話だよ」

「すみません。じゃあ、一日でいいので貸してくださいませんか?」

「やだよ」

「いくらなら貸してくださいますか?」

「一日か、ふーーっ! じゃあ、十万でどうだ?」

「一日で十万ですか? もう少し安くならないですか?」

「わかった。じゃあ、三万で貸そう!」

「あ、ありがとうございます」

「でも、これは犯人逮捕にはつながらないよ」

「そうですか? でも、人の気持ちがわかればいいんです」

「いいかい? 一日だけだよ。その後は延滞料取るからな!」

「わかりました」

そして、省吾は三万円を払い、携帯エアリーを持って、警視庁へ向かった。部屋に入り、携帯エアリーのボタンを押すといろんな人の心の声が聞こえた。

《まったくっ! 昨日はひどい目にあったよー。女房にキャバ嬢からの名刺見られて散々追及されてさ、俺は仕事で行っただけなのに、何でわかってもらえないんだよ》

《あのクソ課長! 全く何様のつもりだよ! 俺の手柄を横取りしやがって!》

省吾は思わず笑ってしまった。そして、尾藤の部屋に行ってみた。

「失礼します」

「何だよ」

「いくつか質問してもいいですか?」

「けっ! どうぞ」

「あなたは殺人現場に行ってないと言っていましたが、本当ですか?」

「本当だよ」《ったく、何度言ったらわかるんだよ! 俺は現場には一度も行ってねぇんだよ!》

「そうですか、じゃあ、その時はどこにいたんですか?」

「俺のアパート」《また同じ質問かよ? 一人でアパートにいたっていう証拠はねえからって信じてもらえねえだろう? お前も同じだな》

「被害者との面識がなかったとおっしゃいましたが、本当ですか? 本当に一度も会ったことも話したこともないんですか?」

「会ったことはない。話したことは、声聞かないとわかんねえよ」《話したこと? 何なんだよ? 今度は音声データでも出てくるのかよ? 全く指紋と言い、筆跡鑑定と言い、わけわかんねぇよ。警察も鑑定士もいい加減だな。何をどうすれば俺が犯人になるんだよ》

「わかりました」

「ちょっと、何携帯いじりながら話してるんだよ! 何がわかったんだよ!!」

「あなたは犯人ではないということです」

「ええーーっ?」

尾藤はびっくりして、携帯エアリーを省吾から取り上げた。しかし、そこには文字はなく、画面には時刻が表示されていただけだった。

「あなたのことが知りたいのですが、事件とつながるような出来事をお聞かせください」

そして、省吾は尾藤から最近の出来事や交友関係を長々と聞いた。しかし、イマイチ手掛かりになる話はなく、その日のうちにエアリーを返しに行った。

※本記事は、2021年7月刊行の書籍『携帯エアリー』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。